借入れできる上限額は?

パート勤務の方がプロミスやアコムに申し込む場合、法律によって借りることができる上限額が決まります。
 
プロミスやアコムなどの貸金業者は、利用者の年収の3分の1を超える融資ができませんので、必然的に「自分の年収の3分の1まで」しか借りられないことになります。
 
既に6万円のパート収入がある方は、年収72万円の3分の1、24万円までしか借りられないことになります。
 
もし、年収の3分の1よりも多く借りたいときは、法律の規制がかからない銀行カードローンに申し込むようにします。
 
銀行カードローンと消費者金融は、同じように見えても、規制を受けている法律が異なります。
 
貸金業法という法律の規制を受ける消費者金融には、「年収の3分の1まで」という制限がありますが、銀行法に基づいて貸し付けを行っている銀行は、制限なく貸すことができます。

このブログ記事について

このページは、pjが2014年7月21日 10:49に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「コップを割ってしまいました・・。」です。

次のブログ記事は「消費者金融のCMの影響力とは」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。